てくり15号

盛岡の「ふだん」を綴る本、てくりの15号のテーマは「写真と街と。」

盛岡で昭和初期から歴史を積み上げてきた写真館のお話や、
震災後、地元にとどまらず、首都圏でも目にする機会の多かった「復興の狼煙」ポスターのこと、
そして、プロ・アマ・学生・街の巨匠まで、盛岡のあらゆるカメラマンのお話など、
まるごと写真な1冊です。

・ちいさな写真館の記憶。 〜唐たけし寫場によせて〜

・写真はたのし!〜写真部三段活用〜
 盛岡北高写真部/岩手大学写真部/NOTE写真部

・「尺」を委ねる。
  復興の狼煙ポスタープロジェクト

・〈カメラマン鼎談〉
 それぞれの写真のしごと。
 小池聡・松本伸・奥山淳志

・Life is Delicious その12 紅茶の店 しゅん 松本征子さん

・あなたは、なぜここにいるのですか?
 堀内繁喜/斎藤英樹/千葉ちあき

・もりおかわんこ/ 6犬目・ハチ

・なんだりかんだり、のんだりくったり3「ことしのバッケ」

オールカラー・40ページ。
販売価格
514円(税込)
購入数

この商品を購入した人は、こんな商品も購入しています