salvia BOOK&CALENDAR

〜古きよきをあたらしく〜
国内の伝統工芸や地場産業など、作り手のこだわりの技術を生かしたものづくりの活動体「サルビア」。
2016年に活動10周年の節目で、今まで発行してきた「季刊サルビア」をいったんお休みし、
この度、リニューアルして『salvia BOOK&CALENDAR 』の発売となりました。

ものづくりと日々のくらしのための、 あたらしい“ ものさし ”を考える本『『MAKING THOUGHTS』の第1号は、
『糸〜yarn〜』が特集。
希少な英式紡績機を使い、素材そのものの良さを生かした糸づくりを続ける、明治創業の「東和毛織」さん、
スパンコールやチュール、モヘアのボンボンがちりばめられた糸…そんなファンシーヤーンメーカーの「MONDE FIL」さん、
秋田でニットブランドyourwearを運営する佐藤孔代さん、
原毛でキノコのオブジェを作る、アーティストの山本彌さんから、それぞれのものづくり・暮しをうかがっています。
そして、サルビア主宰のセキユリヲさんのインタビューも、しみじみといろいろな生き方を考えさせられます。

カレンダーは、その月が終わったら、切り離してポストカードにもなる仕様で、
カレンダーやポストカードをしまっておけるペーパーケースとセットになっています。
竹内紙器製作所さんと一緒に作ったカレンダーは、6種類の紙にオフセット印刷、シルク印刷、型押し加工をしているものまで、いろいろな技法を使って刷られています。
カレンダーに穴などはございませんが、厚みのある紙を使っているので、壁に貼るほか、壁に立てかけたりもできます。

本を読んでそれぞれがくらしについて思いを巡らせ、丁寧に作られたカレンダーとともに1年を送る。
そんなセットとなっておりますので、大切な人へのプレゼントにもおすすめいたします。
 
『MAKING THOUGHTS』…A4サイズ 全62P(英訳部分有り)
カレンダー 2ヵ月で1枚 計6枚…22,5×17,6cm
ケース…23,6×21,3×0,8cm



販売価格
2,160円(税込)
購入数