てくり24号

盛岡の「ふだん」を綴る本、てくりの24号のテーマは「マメなはなし〜または、珈琲豆と、枝豆と。〜」

以前てくりでも「盛岡の喫茶店」という別冊を出したことでもわかるように、
盛岡には個人経営の素敵な喫茶店が多いのですが、
今号では、「コーヒー豆屋」の方々に焦点をあてて、コーヒー豆に取り憑かれた面々を紹介しています。
対談あり、鼎談あり、それぞれのストーリーが興味深いです。
その他、枝豆・黒平豆など、別の「豆」の話も。

・大坊珈琲店×機屋 焙煎談義
・盛岡珈琲焙煎事始め。
・焙煎はおもしろい!〜豆を焼くことに憑かれた男たち。
六月の鹿/fulalafu/NAGASAWA COFFEE
珈琲・うつわ わたな/べクラムボン/珈琲 六分儀
・「コーヒーづくり」はたのしい! 鼎談編
・ほっとする場所。〜自家焙煎 いなだ珈琲舎
・【通信販売】珈琲豆をおわけします。
・盛岡スコーレ高等学校 「花まめ」に託すもの。
・土地の豆に惚れた人々。〜秘伝/黒平豆
・つくってみました 豆料理いろいろ
Life is Delicious その21
シェ・ジャニー 春田光治さん

あなたはなぜ、ここにいるのですか?
千葉(早坂)幸子/海野一枝/CHOKU

もりおかわんこ/15犬目・圭輔

なんだりかんだり、のんだりくったり11

オールカラー40P

販売価格
648円(税込)
購入数